Da Capo

HOME > その他の演奏会・活動 > 不定期演奏会

不定期演奏会

九州を「思う」コンサート

筑後川

2016年8月27日 パルテノン多摩

2016年8月27日、パルテノン多摩に於いて「九州を思うコンサート」と称して、熊本・阿蘇大震災の義捐金を募るためのチャリティ演奏会が、開催された。合唱団は九州を「思う」コンサート合唱団と称して公募され、当団からは有志14名が参加した。演奏曲は混声合唱組曲「筑後川」全5曲及び「花の街」(いずれも團伊玖磨作曲)であった。

故市村隆司氏を偲ぶ会

故市村隆司氏を偲ぶ会

2016年1月27日午後6時〜 如水会館

2015年11月14日に逝去された団員(ベース)市村氏を偲ぶ会が、2016年1月27日の午後6時から、如水会館にて開催された。
当団は、前半に社歌、アヴェヴェルムコロプス、後半に水のいのちより「雨」、ポップスセレクション≪花≫(清水昭編)より「ハナミズキ」、風が吹いている、の計5曲を演奏した。

英国市場協議会・秋の懇親会

英国市場協議会・秋の懇親会

日 時:2015年11月12日(木)18:05~18:10
場 所:16階レセプションルーム
参加者:S6,A7,T5,B4 計22名及び、南方・大塚両先生
演奏曲:God save the Queen(英国国歌)、君が代(日本国国家)

懇親会が始まる直前に上記2曲を、指揮・清水先生、伴奏・筧先生により演奏した。今回は会場の都合で、参加者を絞り込んだので、団員の約半数しか参加できなかった。引き続き懇親会に参加した団員もいた。

ごえんなこんさあと

ごえんなこんさあと

日 時:2016年3月13日(土) 16:00開演
場 所:渋谷区文化総合センター大和田さくらホール

認定NPO法人「朴の会」主催により、首記の演奏会が開催された。このため、2度目の「特設ごえんの輪合唱団」が結成され、当団からは有志20名が参加した。演奏曲は、うたおうよ、愛は花・君はその種子の2曲。この演奏会は、小児がんの子供たちのためのチャリティ公演であり、フレーベル少年合唱団も参加した。


日 時:2014年3月8日(土) 17:00開演
場 所:渋谷区文化総合センター大和田さくらホール

認定NPO法人「朴の会」主催により、首記の演奏会が開催された。このため、「特設ごえんの輪合唱団」結成され、当団からは34名が参加した。演奏曲は、翼をください、ひこうき雲、うたおうよ、の3曲。この演奏会は、小児がんの子供たちのためのチャリティ公演であり、渋谷区少年少女合唱団も参加した。

AKIRA de 第九 ~清水昭還暦記念演奏会~

AKIRA de 第九

2013年11月23日(土) ゆうぽうとホール

「AKIRA de 第九」製作委員会の主催により、清水昭の還暦を祝うために、同氏が指導している17の合唱団の団員約400名が参加して,同氏自らの指揮でベートーベン作曲の交響曲第9番(合唱付き)を演奏した。当団の参加者は56名、管弦楽は今回の為に編成された、還暦祝祭管弦楽団"AKIRA"。

最後に清水小学校合唱部を加えて「大地讃頌」を合同演奏した。

KAKO Cantante 歌声よ、天上に響け! 大國和子追悼コンサート

2010年4月18日(日) 東京文化会館大ホール

大國和子追悼コンサート実行委員会の主催により、2010年1月20日に急逝したメゾ・ソプラノ歌手大國和子にゆかりのある個人、合唱団、総勢650名が参加して行われたジョイントコンサートである。当団は、「アメージング・グレース」をクール・ヴェルテール、KCめぐみ、コーロ・ステラ、女声合唱団さくら「有志」と合同で、清水昭の指揮・ピアノにて演奏した。最後に会場の全員で「翼をください」を斉唱した。参加団員は31名。

丸紅設立60周年記念演奏会

丸紅設立60周年記念演奏会

「歌に魅せられて60年 繋ぐのは絆」
2009年11月23日(祝)杉並公会堂・大ホール

合同演奏曲:「水のいのち」から3曲、「大地讃頌」 当団単独ステージ演奏曲:「花に寄せて」から全曲

丸紅設立60周年を記念し、50周年の際にならって大阪丸紅混声合唱団コール・フェリーチェ・丸紅名古屋合唱団・東京丸紅本社合唱団とそのOB、OGを交えた大規模な演奏会が開催された。各団単独でのステージに加え、ボイストレーナーである故大國和子先生(メゾ・ソプラノ)によるステージや男声合唱も演目に加えられた。

アキラ・デ・カンタート

2009年2月14日(土) 杉並公会堂 大ホール

当団の常任指揮者清水昭先生所縁の5つの合唱団(K.C. めぐみ、女声合唱団さくら、いらか会合唱団、丸紅本社合唱団、合唱団ひぐらし)が、合唱団ひぐらしの呼びかけに応えて実現したジョイント・コンサート。

妻に捧げる合唱音楽会

2004年5月16日(日) テイアラこうとう大ホール

合同演奏曲 「平城山」、「中国地方の子守歌」、「おさかなの子守歌」

参加合唱団 大久保混声合唱団、静岡合唱団、芦屋室内混声合唱団、丸紅混声合唱団、丸紅本社合唱団

当団の一団員が、亡き妻のために主催したジョイントコンサートで、当人が2年以上所属していた5つの合唱団が参加して行われた。当団の演奏曲はモーツアルト作曲ミサ・ブレウィスニ長調(KV194)より、キリエ、グロリア、サンクトゥス、ベネディクトス、アニュス・デイの5曲

丸紅設立50周年記念演奏会

1999年11月14日(日) 江戸川区総合区民ホール

合同演奏曲:「心の四季」全曲、「日本抒情歌曲集」より6曲

「丸紅設立50周年記念演奏会」は、言わば、空前の規模で催された三店交歓演奏会で、外部からの入場者をむかえ、江戸川区総合区民ホールにて行われた。各合唱団のOB、OGを交えて総勢120名の参加者を得た。各合唱団の単独演奏、合同演奏に加えて、男声合唱も演目に加えられた。また総合司会者に女優の竹下景子を迎え、彩を添えた。

ジョイント・コンサート

1.富士、安田信託、安田火災、安田生命 1967年(昭和42年)  1月28日 富士銀行講堂
2.沖電気工業 1967年(昭和42年)  3月  4日 丸紅飯田会議室
3.沖電気工業 1968年(昭和43年)  5月18日 沖電気研究室
4.三菱商事、三井物産、伊藤忠商事 1973年(昭和48年)11月20日 飯野ホール
5.三菱商事、三井物産、伊藤忠商事 1975年(昭和50年)12月  4日 中央会館
6.三菱商事、三井物産、伊藤忠商事 1980年(昭和53年)  1月22日 薬学会館ホール
7.安田火災海上保険 1986年(昭和61年)11月15日 安田火災講堂
8.安田火災海上保険 1990年(平成  2年)  2月24日 セシオン杉並

上記の如く8回のジョイント・コンサートが開催された。ジョイント・コンサートは参加団体が謂わば対等の関係にたって開かれるものである。

(1)は元々からあった安田4社の演奏会に、当団を加えてもらって実現した。これが現在のFグループ合唱祭発足のきっかけとなった記念すべきジョイント・コンサートであった。

(2)と(3)は、当時親密な関係にあった沖電気とのジョイント・コンサートで、ここまでは、一般客をいれず、会場も社内であった。

(4)から(6)までは、当団を加えて4商社でのジョイント・コンサートで、会場も外部の貸ホールを使用した。まだ商社の合唱団が元気に活動していた時期でもある。

(7)と(8)は、当団と指揮者が共通ということで、親密になった安田火災(現損保ジャパン)とのジョイント・コンサートで、最初は社内、2度目は外部で開かれた。このとき今後も定期的に続けようということでプログラムにも「第1回ジョイントコンサート」と記されているが、残念ながら、損保ジャパンの合唱団が活動を停止し、第2回を開くことなく現在に至る。 そのほか現在も継続中の、三店交歓会Fグループ合唱祭も、ジョイント・コンサートの一種であるが、 これについては、それぞれのページをご覧いただきたい。

※富士銀行の旧称は安田銀行。富士銀行は後に、第一勧業銀行、日本興業銀行とともにみずほ銀行となる。同様に、安田信託は、現みずほ信託銀行となり。安田火災は日産火災と合併し、損保ジャパンとなる。安田生命は、明治安田生命となった。 社名で今も「安田」という名前が残っているのは明治安田生命だけである。

賛助出演

 

1.沖電気工業 1969年(昭和44年)10月25日 東京文化会館小ホール
2.沖電気工業 1971年(昭和46年)  6月  4日 東京文化会館小ホール
3.日商岩井 1974年(昭和49年)  3月20日  
4.住友商事 1984年(昭和59年)  7月14日 ABC ホール
5.安田火災海上保険 1988年(昭和63年)  2月  7日 武蔵野市民文化会館
6.NKSJ交響楽団 第7回定期演奏会 2012年(平成24年)  2月  4日 杉並公会堂
7.NKSJ交響楽団 第9回定期演奏会 2013年(平成25年)  2月  2日 杉並公会堂

上記の如く5回の賛助出演を行っている。賛助出演とは、主催合唱団から何らかの理由で依頼され、それに応える形で行われるものである。一般論としては、友好関係にある合唱団に、プログラム構成上の都合で依頼される事が多い。自団だけだとお客が入らないからとか、 費用の一部を負担してほしい等という場合もあるという。

(1)と(2)は、ともに演奏会を開いており、親密な関係にあったものだから、お互いに賛助出演をしたものである。当団の第6回、第7回演奏会のおいては、沖電気の賛助出演を仰いでいる。 沖電気とは賛助、被賛助、ジョイコン各2度づつ計6回の演奏会を開いている。

(3)の日商岩井に関しては、何故賛助することになったのか、定かではない。プログラムを未入手なので、開催場所もわからない。どなたかプログラムをお持ちの方、当時の経緯について詳しく知っている方は、ご連絡ください。

(4)は、当団のピアニストを紹介したことが、きっかけで賛助することになったもの。元々住商の合唱団員が、数名当団に参加していたからでもある。

(5)は安田火災が外部で、演奏会を開くに当たり、賛助を依頼されたもの。

(6)NKSJ交響楽団第7回定期演奏会

NKSJ交響楽団第7回定期演奏会
  日 時:
2012年2月4日(土)14:00〜16:00
  場 所:
杉並公会堂
  参加者:
S9,A12,T9,B9 計39名
  演奏曲:
Ave Verum Corpus, フィンランディア(清水昭編曲)

同楽団の定演の演奏曲の中に合唱付きの曲があることから、当団に所属している、損保ジャパンの社員を通じて、賛助出演を要請され、それに応える形で、出演することになったものである。他にはNKSJグループ有志合唱団が17名参加した。

ジョイント・コンサートは1990年(平成2年)を最後に、以後しばらく開催されなくなった。勿論単独で演奏会を開けるだけの力があれば、やる必要も無いと言えるが、他の合唱団とステージを共にすると、勉強にもなるし、それなりの楽しさがあるものである。今回の賛助出演は、1988年以来24年ぶりのことで喜ばしいことである。

(7)NKSJ交響楽団第9回定期演奏会

  日 時:
2013年2月2日(土)14:00〜15:40
  場 所:
杉並公会堂
  参加者:
S21、A18、T11,B11 計61名
  演奏曲:
ベートーベン作曲、交響曲第9番(合唱)

昨年の第7回定演に賛助出演したことが縁で、今回も賛助出演することになった。他には、NKSJ有志合唱団員、賛助出演者などを含めて27名が参加し、合計では88名となった。